土地や建物など、不動産を相続するとそこには手続きが必要となってきます。そこで、相続に関しての専門家に相談することになるのですが、その専門家としては、弁護士、司法書士、行政書士、そして税理士がいます。では、この中から一体誰に相談すればいいのでしょう。

相続に関して最も頼りになるのは、やはり税理士です。誰もが、相続の件で気になるのは相続税です。土地の評価額や、控除の適用など、法律や税金についての知識がない一般人にとって、相続にかかる税金は悩みの種でもありますし、手続きなどにも不安が残ります。実際、個人で相続に関する全てのことを行うのは、不可能と言っても過言ではありません。ここはやはり、税理士に相続相談をして、不備や不具合のない相続を行うべきでしょう。

また相続に関する法律は、こまめに改正されていきますから、個人で税についての勉強をしたところで、すぐに法改正がなされ、その知識は順次古い情報となっていきます。最近では基礎控除の縮小や課税対象者の枠が拡大されたことが話題となりました。これにより、税理士へ相談する相続人も増えています。これらのように、もし不動産などを相続することになった場合は、必ず税理士に相談するべきなのです。