土地などの不動産を相続した場合、最も頭を悩ますものと言えば相続税でしょう。もちろん、こういった問題は税理士に依頼すればいいのですが、実はその税理士も様々なのです。ではどのような基準で税理士を選べばいいのでしょう。

税理士を選ぶ際は、まずは税理士事務所選びから始めます。税理士は個人で業務を行っていることはまずあり得ません。ほとんどの場合、事務所として活動しているのです。その事務所選びですが、やはり大きな事務所のほうが安心でしょう。担当者に何かあった時もすぐに代わりの担当者が受け継いでくれますし、人手が多い分、サポート体制も整っているからです。そして事務所の立地です。これはなるべく近くの事務所がおすすめです。税理士事務所には何度も足を運ぶことになります。もちろんメールや携帯電話、FAXなどのやり取りが多くなりますが、やはり担当者と実際に会って、こまめに打ち合わせをするほうが信頼できます。このような利便性を考えると、やはり近くの事務所がいいのです。

そして最も重要な基準としては、実績です。相続税の申告実績をサイトなどで確認しましょう。税理士事務所と言っても、扱っている相談内容には差があります。相続税に強い事務所を選ぶには、やはり実績が多い方が安心できるでしょう。