相続をする際は、まずは税理士に相談することをおすすめします。相続は法律に基づいて行われます。しかし、ほとんどの人は相続に対しての知識を持っていません。やはり法に詳しい専門家に委ねるのが賢明な手段でしょう。では、税理士に依頼するメリットとしてはどのようなものがあるのでしょう。

税理士へ相続相談している様子
引用 – 税理士へ相続相談〔ソレイユ相続相談室〕

まずは時間と労力です。相続に関しては、膨大な資料や書類が必要となります。相続に慣れた税理士であっても、かなりの時間を費やすことも珍しくはありません。それを個人で行うとなると、仕事や生活に支障をきたすことになります。日常を保つためにも、税理士に依頼するのがいいでしょう。

次に、財産評価です。相続税はその不動産の価値によって税額が決まります。この評価額が間違っていれば、実際の評価額よりも高い相続税を支払うことにもなりかねないのです。相続税には控除制度が設けられています。ただ、その制度も少しずつ変わっているため、個人で手続きを行うのはあまりにも無謀な試みとなります。

税理士であれば、年々変わっていく法律にもしっかりと対応できますので、リアルタイムの控除制度を適用して相続税の厳格に努めてくれるのです。また、税務調査が入る場合も税理士に依頼しておけば、税務署との仲立ちをしてくれますので安心です。このように相続に関しては税理士に依頼するのが賢明な手段と言えるでしょう。